ヘルニアとは?

「ヘルニア」ってどんなイメージがありますか?

 

ヘルニアと言うと、イメージ的には腰痛が起こり、動けなくなる椎間板ヘルニアのイメージが大きいと思います。

 

しかしながら、ヘルニアはさまざまな部位に発症し、場所によっては命に関わる重大な症状なのです。

 

椎間板ヘルニアも侮れず、悪化した場合は下半身不随になる可能性もあるのですから。

 

ヘルニアは絶対ここに起こると決まっている部位はなく、さまざまな場所で引き起こされるため、急性的で危険度の高い場合もありますし、自覚症状が全くないこともあります。このように、症状や危険度は部位によって異なります。

 

ヘルニアというのは、何らかのズレによって内臓が本来の位置から飛び出した状態を指しますが、どの部位をヘルニアの前に冠して、「○○ヘルニア」というように呼びます。

 

例えば、「椎間板ヘルニア」でしたら、椎間板が逸脱した状態となります。

 

ヘルニアは体のどこにでも発症する可能性はあるのですが、人体の造りから発症しやすい部位というのは絞られます。

 

どこにヘルニアが発症したかにより、症状や危険度の要素が全て異なるのです。

 

ヘルニアの発症しやすい部位とは、脳、首の頚椎、横隔膜(胸)、腹部の臍、腰の腰椎、そして鼠径ヘルニアとして知られている足の付け根です。

 

頭から足まで、全身に発症する可能性があるのが、ヘルニアです。

 

バストアップ成功者続出のサプリ